• 動的ストレッチマシン開発・販売  株式会社ゼロイニシャライズ

Case事例・実績

アスリート・著名人の声

カラダを開くことがで きればココロも開くことができる。
ZERO-iマシンでココロとカラダを解放。

心理カウンセラーでメンタルケアを行っている専門家

小高 千枝

PROFILE

小高 千枝(おだかちえ)先生

メンタルカウンセラー。幼稚園教諭、秘書、キャリアカウンセラー等を経て、人間の心に携わる仕事に魅力を感じ心理カウンセラーの道へと進む。男女関係の問題、依存症、人生観、うつなどのカウンセリングのほか、メンタルトレーニング、企業カウンセリングなどに携わる。ストレス社会で生きる現代人の「心の免疫力」を高めるためのセッションを提供。相談者それぞれのペースに合わせ問題解決に導くカウンセリングは男女問わず信頼を得ており、リピーターが多い。著書『人の本性を見抜くたった一つの質 問』(徳間書店)、『やってはいけない実は不快なしぐさ』(PHP)他。『ナカイの窓』(日本テレビ系)『小高千枝のイイ女の過ごし方』(ソラトニワFM)に出演など、メディアでも活躍中。心理テスト『あなたの本性をズバリ!心理テスト』(マイナビウーマン)連載中。

ZERO-iはカラダとココロを開いて解放できる新感覚ストレッチ。

ZERO-iマシン導入のきっかけ

カラダを『開く』ことで、心に良い影響を与えることは理解していましたが、心理カウンセラーの立場として、ココロの事はサポートができてもカラダの事はサポートできないことが気にかかっておりました。
身を委ねているだけで自然とカラダが開き心身を解き放つ事ができるZERO-iマシンの存在を知り、サロンへいらっしゃるクライアントさまへ「カラダを開く」という事を実際に 経験して頂き、自分自身の心地よい「開き方」を見つけて欲しい!との思いでZERO-iマシンを導入いたしました。
沢山の方にZERO-iマシンを利用してもらい、ココロとカラダの解放を感じて頂けると考えています。

ZERO-iを推奨する理由

『うつ病』や『うつ状態』に例えるならば、特に梅雨の時期や季節の変わり目、気温が低くなった時などは、内へ内へと気持ちが こもりがちになってしまう傾向があります。
そのような時はZERO-iマシンで強制的にカラダを広げることで解放と開放の一歩を踏み出すことができると考えています。カラダを開くことがで きればココロも開くことができる。反対にカラダが閉じるとココロも閉じてしまうものです。
実際に気持ちが不安定になると、背筋がまがり猫背になりやすくなる傾向があることがいえます。良い姿勢はプラスエネルギーを生み出します。そして、カラダが開くことで血液循環もよくなり、自律 神経、ホルモンバランスも整います。だからこそ、とにかく心身を開放し柔軟性を養うことがとっても大切。
ココロとカラダの繋がりから手軽で簡単にできるZERO-iに対して効果の期待が高まりました。

その他ユーザーの声

様々な分野でご活躍されているアスリートや著名人にご利用いただいています。

和久井 秀俊 選手

プロサッカー選手

中井 学 コーチ

プロゴルフコーチ

小高 千枝 先生

メンタルカウンセラー

高田 裕士 選手

陸上競技選手

高田 千明 選手

陸上競技選手

scroll up