• 動的ストレッチマシン開発・販売  株式会社ゼロイニシャライズ

Product製品紹介

Shoulder Spiral

ショルダー・スパイラル

HYBRID Type

背中のラインを美しく、肩の疲れを楽にするマシン

肩の疲れ、臀部の硬化による頭の重みやしびれの改善が期待できます。
背中のラインをしなやかに綺麗にみせます。肩甲骨始動の上半身動作の強化をします。

動作と期待される効果

左右のバンドに内側から手を通し、半円柱部の着座面の中心部に座り、反り腰にならないように胸を張りポジショニングをとります。肘の位置が肩部に水平になるようにし、肩の力を抜きながら手首以下末端部を外旋(内旋)させます。
肩関節可動域向上による動きを獲得するマシンです。

製品の特徴

握りやすく滑りにくいバンドの形状になっています。

骨盤前傾のポジションを確保しやすい構造。

  • 強バネ式
  • バネ本数5本
  • オモリ変更(ユニット変更)
  • 移動用キャスター
販売価格
1100,000円(税別)
※ 価格は告知なく改定されることがあります。
サイズ・仕様
Width:670 mm
Depth:1250 mm
Height:1940 mm
Weight:100 kg
Color:ホワイト
主要部位:股関節周辺の筋群・内転筋群
使用時寸法例:
※ サイズ表記は設置時の最大値から算出しています。
基本使用方法

使用準備

1上部から垂れている黒いバンドのサークルに左右の手を内側から入れ、しっかりと握ります。

2腕を伸ばしたまま膝をつき、ぶら下がる感覚で半円柱部の着座面の中心部に座り、反り腰にならないように胸を張ります。

3スタートポジションは肘関節の位置が肩関節に水平になるようにし肩の力を抜き肩周りを伸ばします。

動作

1上腕部で引くのではなく肩甲骨が上方に引っ張られるように意識をしながら動作を行います。手首以下の末端部を外旋、内旋させます。螺旋形状の筋群に対して、筋の緊張による過緊張状態が起こりにくくなり、肩部の可動域を確保しやすくなります。

2下に引っ張るのではなく、上に引っ張られる感覚で行います。無理に引っ張るのは筋肉にストレスかけるのは逆効果です。

3肩甲骨を動かすことで、腕の回旋範囲が広がり、背中のストレッチにも効果が期待できます。

4目安の回数は1セット20〜30回×3セットです。

終了

バンドから手を離さずゆっくりと立ち上がり、アーム部が固定したのを確認してバンドから手を外します。

応用使用例(1)

使用準備

1上部から垂れている黒いバンドのサークルに片手を内側から入れ、しっかりと握ります。

2腕を伸ばしたまま膝をつき、ぶら下がる感覚で半円柱部の着座面の中心部に座り、反り腰にならないように胸を張ります。

3スタートポジションは肘関節の位置が肩関節に水平になるようにし肩の力を抜き肩周りを伸ばします。

動作

1片手をサークルに入れたら寄りかかる感じで体重をかけて進展を開始します。脇や身体の外側にストレッチ効果が期待できます。

2下に引っ張るのではなく、上に引っ張られる感覚で行います。無理に引っ張るのは筋肉にストレスかけるのは逆効果です。

3肩甲骨を動かすことで、腕の回旋範囲が広がり、背中のストレッチにも効果が期待できます。

4目安の回数は1セット20〜30回の開脚×3セットです。

終了

バンドから手を離さずゆっくりと立ち上がり、アーム部が固定したのを確認してバンドから手を外します。

応用使用例(2)

使用準備

1上部から垂れている黒いバンドのサークルに左右の手を内側から入れ、しっかりと握ります。

2腕を伸ばしたまま膝をつき、ぶら下がる感覚で半円柱部の着座面から臀部を上げ、パッドの上に膝立ちになり、胸郭を開き、反り腰にならないように胸を張ります。肩甲骨の可動域がより確保しやすくなります。

3スタートポジションは肘関節の位置が肩関節に水平になるようにし肩の力を抜き肩周りを伸ばします。

動作

1上腕部で引くのではなく肩甲骨が上方に引っ張られるように意識をしながら動作を行います。手首以下の末端部を外旋、内旋させます。螺旋形状の筋群に対して、筋の緊張による過緊張状態が起こりにくくなり、肩部の可動域を確保しやすくなります。

2下に引っ張るのではなく、上に引っ張られる感覚で行います。無理に引っ張るのは筋肉にストレスかけるのは逆効果です。

3肩甲骨を動かすことで、腕の回旋範囲が広がり、背中のストレッチにも効果が期待できます。

4目安の回数は1セット20〜30回の開脚×3セットです。

終了

バンドから手を離さずゆっくりと立ち上がり、アーム部が固定したのを確認してバンドから手を外します。

scroll up