ZERO-i

Chest Extension

チェスト・エクステンション

Chest Extension image

胸部に集中する呼吸筋可動による心肺機能を強化し、肩甲骨も後方へ可動させるマシン。 猫背等の姿勢を正して胸部を開き頭部に酸素が届いて頭がスッキリします。 肩の疲れや腕のむくみ改善などが期待できます。 女性の悩みである鎖骨のラインを綺麗に見せたりバストトップアップに期待できます。

Effect

特徴

動作と期待される効果

シートにしっかりと背中とお尻を密着するように座り、両足をフットバーに乗せ上半身のやや前方まで踏み込みます。 足で小刻みにフットバーを可動させ前後に動かします。上半身の力はなるべくリラックスしマシンに身を委ねましょう。 呼吸に関係する胸部周辺の筋肉を伸ばし美しく正しい姿勢維持と改善が期待できるマシンです。

製品の特徴

Chest Extension image

フットバーは左右個別で簡単に折り曲げられるので誰でも(高齢者など)マシンの乗り降りがしやすい構造。身長や足の長さによってフットバーに置く足の場所を2段階替えられます。

Chest Extension image

背もたれ部分が普通の椅子のように平ではなく、半円柱のようにカーブがあることで、より後方に肩甲骨が可動し胸部が開く構造です。

Chest Extension image

腕を置く左右の持ち手部分はバータイプ。両腕をサポートします。

Price and Spec

価格・スペック

販売価格

850,000円(税別)

※価格は告知なく改定されることがあります。

サイズ

Width: 950mm

Depth: 1,350mm

Height: 1,650mm

Weight: 71kg

Color: ホワイト

主要部位: 大胸筋・三角筋・腹直筋・上腕三頭筋

仕様

  • 強バネ式
  • バネ本数5本
  • 移動用キャスター

How to Use

使い方

基本の使い方

使用準備:

  • フットバーをマシン側に左右両側に折り曲げた状態でシートの中心に座り、背もたれの半円柱に背中(上背部)とお尻(臀部)を密着させ、身体の中心を合わせます。
  • 上半身の力みを抜いて、手の位置を左右対称となる高さにセットします。
  • 肘が肩より、やや高い位置にセットします。
  • 左右のフットバーを降ろして両足をバーの上に軽く乗せます。

使用中:

  • フットバーに乗せた足の力を抜きながら、両足で小刻みにフットバーを踏み込んで前後に動かします。この時、胸や肩が伸びるのを意識します。
  • 両腕を両サイドのバーの後ろに掛けて、ゆっくり足を戻します。この時、腕の力でバーを動かすのは筋肉にストレスをかけるので逆効果です。
  • 上半身は力を抜いてマシンに身を委ねるように行います。
  • 目安の回数は1セット20〜30回×3セットです。

使用後:

  • マシンから降りる時には、足をフットバーに乗せたまま、腕を外した後にゆっくりと足を上げマシンを戻します。

初心者や力の弱い方向け

使用準備:

  • トレーナーにマシン補助をさせるとスムーズです。
  • 最初は前方上部にあるバネを0の状態にセットします。
  • フットバーをマシン側に左右両側に折り曲げた状態でシートの中心に座り、背もたれの半円柱に背中(上背部)とお尻(臀部)を密着させ、身体の中心を合わせます。
  • 上半身の力みを抜いて、手の位置を左右対称となる高さにセットします。
  • 肘が肩より、やや高い位置にセットします。
  • 左右のフットバーを降ろして両足をバーの上に軽く乗せます。この時、手前のバーより奥のバーに足を乗せるほうが楽に初動します。

使用中:

  • 奥のフットバーに乗せた足の力を抜きながら、両足で小刻みにフットバーを踏み込んで前後に動かします。この時、胸や肩が伸びるのを意識します。
  • 両腕を両サイドのバーの後ろに掛けるか、腕を肩幅くらいから指の先まで真っ直ぐ上に伸ばし、上部の黒いハンドバーに添えてゆっくり足を戻すと手首が引っ張られます。この時、腕の力でハンドバーを動かすのは筋肉にストレスをかけるので逆効果です。
  • 上半身は力を抜いてマシンに身を委ねるように行います。
  • 目安の回数は1セット10〜20回の運動ですが身体の状態に合わせて無理のない回数で行ってください。

使用後:

  • 基本使用方法と同じです。

応用編

使用準備:

  • 基本使用方法と同じです。

使用中:

  • フットバーに乗せた足の力を抜きながら、両足で小刻みにフットバーを踏み込んで前後に動かします。この時、胸や肩が伸びるのを意識します。
  • フットバーを前に踏み込み、両腕をまっすぐ前方に伸ばします。
  • 肩・肘・手首の高さが一緒になるように両腕をセットした状態でバーを軽く握り、ゆっくり足を戻します。手のひらを外側に向け、バーの内側に手をかけ軽く握ります。この時、腕の力でバーを動かすのは筋肉にストレスをかけるので逆効果です。
  • 上半身は力を抜いてマシンに身を委ねるように行います。
  • 目安の回数は1セット20〜30回×3セットです。

使用後:

  • 基本使用方法と同じです。

movie

動画


上記のボタンをクリックすると、お問い合わせ内容が送信されます。

お電話でのお問い合わせは以下へご連絡ください。

03-6435-2625

受付時間:平日 午前10:00~18:00